覆面調査をする意義|お店を成長させることが可能

秘密裏に調べるには

婦人

調査会社の選び方

会社が自社が提供しているサービスについて、秘密裏調査してその状況を把握するための行為を覆面調査といいます。覆面調査はミステリーショッパーと呼ばれ従業員に知られることなくそのサービスの評価を行うというものです。覆面調査を使うことで会社が定めている規則に従っているか、サービスの品質は維持されているか、といったことを調べ、問題があれば改善をそれとなく促すというものです。覆面調査で調べるポイントとしては、接客態度、商品・サービスの質、清掃の程度などです。特に覆面調査が多いのはチェーン店です。チェーン店は複数のお店でも、一定の品質でサービスをしていることが売りですから、特定のお店の品質が低下しているということは全体の品質が下がっていると見られる可能性があります。このため、盛んに覆面調査が行われています。覆面調査はあくまでも問題の発見や外部の視点を得るため、また自社の変革をするといったことを目的とし、その得られたデータを使って会社のさらなる発展を考えるのに役立てる事ができます。一方で覆面調査を選ぶ際には調査会社が重要になります。調査員の多くはモニターという形で行われます。モニターは一般から応募されるもので、大量のモニターを利用し調査し、それらのデータをもとに解析を行います。このデータの解析能力が正しい調査結果に繋がることになります。また調査のほとんどは飲食店が中心ですが、調査会社によってはそれ以外の分野の調査を行っているところもあります。