覆面調査をする意義|お店を成長させることが可能

ビジネスに調査を役立てる

様々な企業やお店が取り入れている覆面調査は、消費者目線で客観的に状況をチェック出来るという良さがあります。現在、このような点に魅力を感じる企業やお店が、覆面調査を積極的に取り入れてサービスの向上に取り組んでいます。最適な調査方法が選べるのが、現在の覆面調査です。

消費者目線でのチェック

スーツの人達

お店などを経営していくためには、消費者がどのようなサービスを持てめているのか、今のサービスで満足しているか、不満と感じるところはどこかなど、消費者目線での評価をしっかりと把握する必要があります。この情報を知る方法としてアンケートがありますが、情報量が多く具体的な改善策を探るには把握がしにくいです。この消費者目線での評価を把握するために大きな助けとなるのが覆面調査です。覆面調査とは、一般客になりすました調査員が、店舗のサービスなどをチェックするというものです。一般客として利用することで、普段通りのサービスを受けることができ、消費者目線での評価もしやすいです。この覆面調査の活用法として、ライバル店のサービスのチェックがあります。同じようなサービスを提供しているのに、ライバル店の方がなぜ人気があると感じている経営者の方もいるのではないでしょうか。覆面調査を依頼することで、ライバル店のサービスを消費者目線で確認することができ、自分のお店との違いを明確にすることができます。また、支店が複数あるお店の経営者にも大きな助けとなります。どの店舗も同じサービスを提供しているのに、一店舗だけ売り上げが伸びないといったケースもあります。このような場合でも、覆面調査をすることで、お店のスタッフが把握できなかった消費者目線での不満を知ることができます。このように覆面調査は経営者にとって強い味方となってくれる存在です。覆面調査を上手く活用して、消費者の目線でのサービス提供に努めてみてはいかがでしょうか。

秘密裏に調べるには

運営している事業を客観的に調査してもらう方法として覆面調査があります。従業員に知られることなく一般のモニターに調査をしてもらい、そのデータを分析し問題点の発見や品質が維持されているか、といった情報を手に入れることができます。

小売店にとっての宝

小売店にとって、消費者の目線での意見は貴重な財産です。そこで覆面調査を利用する事で、従業員の接客態度や掃除の仕方など、いろいろな意見を入手することが可能になります。調査自体を知らされずに行われることが多く、普段のサービス内容に対する意見が得られます。調査員による率直な意見は改革に欠かせないのです。